モビールブログ · 2月 9, 2012

“まだあげ初めし前髪の” で始まる藤村の初恋に憧れた頃 世の中は夢の世界のようにピンク色で限りのない透明感に 溢れていました。そんな少年少女の純情を“モビールのある

風景・シルエットの兎” で描写してみようと思ったのです。

誰もがきっと、似たような思い出をもっていることでしょう。 人は皆、元来は純粋なのです。 初めからギャングや暴走族や、心臓もお尻も大きいおばさん

として生まれてくるわけではないのです。

どんな人生にも、宝石のように貴重でまぶしい始まりが あります。美しい始まりに恥じない人生を送り続けることが

出来たら、どんなに素晴らしいことでしょう。