モビールブログ · 2月 5, 2012

初孫の母子鳥

長女に子供が出来て、数日前からおじいさんになったというのに 私の相棒は相も変わらず娘さんを見ると周囲の状況が わからなくなってしまうようです。昨日も豪華なメリーを買って きて“赤ちゃんが初めて見る物は美しくなければ”とか “色と形と動きが大切だ”とか“音が出なければ 神経系の関連的な成長にとって問題がある”とか 多分、デパートの若い店員さんに吹き込まれてきたに違いない

へ理屈をわめき続けていました。

話変わって、近所の眼科のイケメン先生は、初孫の ベビーベッドには繭で作った母子鳥のモビールを 飾ってやるつもりでいることを話すと、“意味のない色や形を バラバラに見せるよりも数個の単純なシルエットを追わせる 方がいいかも知れませんね” “それに万が一落ちた としてもケガをしないでしょうし”と言っておられました。 母親になったばかりの娘も、彼女のいいなりに従う素直な パパも私の味方です。おばあちゃん似の優しい子に 育ちますように、白くて丸くて暖かな繭みたいな子に 育ちますように、これから始まる戦いに不退転の

決意を固める今日此頃でした。

初孫の母子鳥 (おやこどり)

― ジジ・ババ戦争前夜 ―