モビールブログ · 2月 5, 2012

変人のゴリラ

例年のことだが中元や歳暮の季節になると頭が痛い。 現役時代の半分にも満たない年金暮らしの 私の交際相手は、そうであればこそ義理と厄介

だけではすまされない大切な生涯の宝物ばかりだ。

相手の生活も性格も知り抜いている。
相手も又、私のヘソ曲がりな変人暮らしのよき理解者である。

昨年はスバル・ジェミニ両望遠鏡のそばでひろったマウナケアの石を 絹のハンカチでくるみ桐箱におさめて6人に贈った。 今年は高雄の落葉にするつもりだったが、帰りに立ち寄ったまゆの店で ゴリラのモビールに心が揺れた。

石や落葉にくらべれば相手にかける迷惑も多少は少なかろう。

宝物達のホッとした笑顔を思い浮かべながら
暮れなづむ嵯峨野を家路についた。