モビールブログ · 2月 5, 2012

繭を裂く・剥ぐ

目打ちでもコンパスの針でもキリでも 何でもいいからとがったものを厚みの

真中に刺し込みます。

充分に拡がったら指でつまんで 引き裂きます。これで作業は

完了です。

くどいようですが繭は蚕の吐く糸が層状にからまったものです。 だから上手に剥がせば向こうが透けて見えるほど薄く剥ぐことが出来ます。 猫の耳や鳥のクチバシみたいに小さなものを作る時には大いに助かります。 しかも、耳や髭に使う繭は薄く、尻尾に使う繭は少し厚めに、といった

具合で使い勝手のいい厚さを自由に選択することが出来るのです。